変異株がじわり :3/17水 道。感染+73 (入院331↓):同性カップル裁判2021年03月18日 15:27

 新規感染者が急に増えた9/18から― 17人,17人(4連休始め), 16人,15人、9人、12人、11人、25人、7人、19人、17人、16人、16人、19人、15人、18人、22人、36人!、12人、38人、29人、27人、24人、31人、12人、20人、20人、30人、31人、27人、24人、17人、31人、22人、40人51人60人41人50人、27人、51人53人69人81人69人96人71人75人119人115人187人153人200人166人197人236人235人230人209人189人197人233人266人304人 最多!234人245人206人216人180人256人252人252人192人151人206人176人205人210人183人187人123人204人197人241人177人189人125人125人104人 86人139人141人,132人,135人110人74人↓114人123人97人↓161人 85人 94人 87人133人176人↑[ 休刊日]人 77人 68人 94人 79人115人161人↑181人↑215人188人135人145人↑109人194人202人↑192人124人125人 92人↓164人↑130人111人138人 94人↓ 88人↓106人↑147人↑115人111人106人104人76人↓↓105人↑ 94人↓120人↑ 93人↓78人↓↓69人↓50人↓41人↓64人↑ 92人↑75↓人39人↓52人41人↓44人64人↑32人↓44人32人↓63人↑、21人↓↓、64人↑43人↓43人32人↓43人、21人↓↓、29人↑29人60人↑66人↑64人44人↓ 84人↑↑63人↓63人65人71人↑53人↓58人↑45人54人↑69人↑73人↑(3/17)の新規感染者です。

 北海道の感染者は73人と少し増えました。道内の変異株感染者は確定が13人、確定判断待ちが25人増えて36人が確認中です。道内でも感染力の強い変異株がじわりと増加している状況です。今のところはそうした人のほとんどが札幌の二つの食品販売会に参加した人でした (32人と9人のクラスター)。
 新規クラスターは、江別の学院大学野球部(7)の1件。既存クラスターでは、帯広の有料老人ホーム(+3:計65)。釧路の記念病院(+2:計33)。倶知安町の教養文化教室(+1:計20)。東京と近隣三県の緊急事態宣言は解除されることになりましたが、実際は感染者数は増えて、リバウンドに入っているようです。

 ○差別的対応…。その③
札幌は、昔からレインボー・パレードが行われるなど、同性同士のカップルに対して支援的な街でした。札幌市は、そうした同性の伴侶に対して「パートナー制度」を始めており、そうした市民に対しては婚姻者と同様のサービスを進めています。病院などで相手が入院したときなども「家族…ですか?」と拒否されるなどの不利益が、アパートを借りるときなど起きていて、それを少しでも改善しようという市の判断によります。
 「同性同士の結婚を認めて欲しい―」という裁判が全国5個所で進んでいて、札幌の地裁でその最初の判断が下されました。さすがに「婚姻は両性の合意のみに基いて成立」という条文の「両性」は男性女性という解釈のままでした。しかし、それとは別に違憲判断が下されました。すなわち、 性的指向の如何によって差別することは憲法第14条(法の下の平等)に反しており「人権侵害だ」としたのです。凄い判決でした。(3/17)
 道新では、札幌地裁の建部知子裁判長を紹介する囲み記事があり、「二年で判決 信念の人」というタイトルでした。
 アメリカやヨーロッパでダンス公演などで行くと、男性ダンサーの何人かはホモセクシャルで、そうした優しい人にいろいろとお世話になったものです。シアトルのマイケルは元気かな…。 「同性カップルは生産性がない」と発言した自民党の人がおりましたが、子供を産むという意味ではなければ、養子などで大きな家族になっている人たちもいますし、アメリカだと同性カップル専門に趣味の良い家やマンションなどを斡旋する会社もありました。昔で言うところのDINKS(ディンクス:Double Income No Kids:収入二つで子供なし)というように40歳過ぎても、生産性の高い社会的活動や芸術的活動しを続けているようなカップルとも一部重なります。

 昔、精神科医の先生が大学の授業で「× 同性愛は異常…」と発言して、それを聞いていた学生からハラスメント委員会に訴えられた事例を見聞きしました。心理学には、長い間「異常心理学」という分野とそうした名称がありましたが、それは人権感覚からの批判と同時に、特に同性愛は心理的精神的な病気ではないことが、DSM(精神障害の診断と統計マニュアル)という国際的な診断基準で明確にされています。今は、性自認・性的指向という言葉で表現されることとなりました。
 ということで、歴史的にも国際的にも、そして学問的にも常識的な線で、「同性カップルに対する人権侵害」という違憲判決となったといえます。
 オリンピックの開会式閉会式のアイデアで、「お鈴ピッグ」と「豚」にかけて女性タレントを…という下案がおおやけにされてしまい、担当者が辞任しましたね…。あらためて「人権」という言葉の重さを噛みしめています。私を含めて高齢者は特に気をつけないと…。昔風の人権無視の感覚のため…。  

--------------------------------------------
3/10水 感染19663,退院18276,療養入院1387↑ (入院343)
3/11木 感染19734,退院18323,療養入院1411↑(入院352)
3/12金 感染19787,退院18380,療養入院1407(入院359↑)
3/13土 感染19845,退院18439,療養入院1406(入院351) (感染図)
3/14日(休刊 感染+45)
3/15月 感染19944,退院18534,療養入院1410(入院363↑)
3/16火 感染20013,退院18672,療養入院1341↓(入院366↑)
3/17水 感染20086,退院18756,療養入院1330↓(入院331↓)

* 北海道感染状況―北海道新聞朝刊による前日データ。
これまでの死亡者715(+6)
人。
*「退院」は退院と療養解除の累積数、「療養入院」は療養者と入院者の累積数。なお、「(入院)」の人数は前日の数値。



あんぱんまん…生前葬…直葬…2021年02月13日 11:45

 先日、アンパンマンのテーマが「実存に関わる…」というコメントをもらいました。
ジツゾンというのは、まあ「生きる意味」「生きる価値」といったことに関わることで、第一次そして第二次世界大戦前後には、例えば精神病に関わってくるような現存在分析とか、その後はサルトルの実存主義とか…。こう書いてくると頭が痛くなるので、アンパンマンに戻ります―。

アンパンマンのテーマ(歌詞、部分…)

なんのために 生まれて
なにをして 生きるのか
こたえられないなんて
そんなのは いやだ!
今を生きる ことで
熱い こころ 燃える
だから 君は いくんだ
ほほえんで
そうだ うれしいんだ
生きる よろこび
たとえ 胸の傷がいたんでも
ああ アンパンマン
やさしい君は
いけ! みんなの夢
まもるため

 「やなせたかし」のWikiを読んでいたら、だいぶ高齢になった「やなせたかし」が生前葬を準備していたけれど、たまたま東日本大震災が起きてしまい取りやめた…という話が出ていました。
 昔の知り合いで、当時は珍しかった「生前葬」をした男がおりました。出席はしませんでしたが、かなり気になることでした。
 去年、「志村けん」がコロナで亡くなりました。その前後、死に目にも会えず、意識の無いまま本人は亡くなり火葬となり、「まだ熱が残っている遺骨を受け取りました…」という家族の声が「直葬」という言葉とともに報道されていました。
 そんなことを思っていたら、今朝の朝刊には『明日死んでもいいための44のレッスン』という本の宣伝が載っていて、それなりの高齢になってきた私の目を引くものでした。「(1) 毎朝、ベッドの中でその日やることを決める」…「(44) 死ぬ時は死ぬがよろしい」という…。読む機会があればと思いますが、44個もメモがあったらシンドイ私は、せいぜい「(44)番目」の「…死ぬがよろしい」という位の、ていたらくです。
 無駄な出費はきつく戒めて生活して、小さな商店を切り盛りしていた昔の両親の影響で、私も経費的な無駄には気持ちが動きます。「…となると、直葬ということになるかなあ」。
 親戚の高齢者、超高齢者には、コロナ禍の中、来ていただくのは気が引ける。だいたい、自分でご挨拶できないので大変に申し訳ない…。足腰の弱った老齢の人たちのお世話をするほどの支援体制もないだろうし…。
 人付き合いもきちんとしてこなかったけれども、若干の人たちにはご挨拶したいけれど本人はできないし、葬儀とかをやったりすると「…あの人、誰?!」ということにしかならないような「私と関わりのあった人」に、さみしい思いをさせるのも本意ではないし…。
 結論としては、「コロナ禍のこの際、直葬かな」。その分、まだ生きている間に大事にご挨拶をしながら居たいと思います。


お正月のお年玉年賀状で三枚当たりました!
63円と84円の鶴亀の切手。昔はハガキは五円だったなー。


○私の謬論(びょうろん)

「死後の世界はあるのでしょうか」という問に、釈迦牟尼世尊は答えなかった―。それを「無記」と呼ぶようですが、昔はそれなりに死について考えていて、最終的にはあまり知られていない一つの結論にたどり着きました―。

注意 次は「父の死」の話なので読まないで良いですよー。

 謬論「他人様は亡くなるけれども人は自分の死を体験できない」
   「私は自分の死を体験することがない」

 父が亡くなる時、たまたま私だけが病院に居て、医師・看護師と一緒に父の死に際を看取りました。過去の注射針の使い回しによるC型ウイルス罹患によるC型肝炎でのガン、それがだいぶ転移しての死となりました。最後は苦しがり、スタッフが酸素マスクを口にあてがおうとしますが、苦しいようで頭を左右にして身体をよじります。そうした時間がしばらくあってから、医師が脈をとり「…」と言いました。
 死につつある苦しみを苦しみ抜いて父は亡くなりましたが、そこに至る病院生活の中で、父の素朴な頑張りに少し感動もしていた私には「逝けて良かった…」と、安堵の気持ちが強くありました。
 数日後だったか、私が茶の間に居ると、ドアを開けて喜色満面の父が入ってきたので驚きました。「お父さん、亡くなったんじゃないの?!」…。ハッと飛び起きて夢だと気づきましたが、ほとんど同じ夢を家人も見ていたと後で知りました。

 それからいろいろと考えているうちに、ふと気がついたのが上に書いた謬論(あやまった理屈、論理…)です。いや、今の私は確かにそのように考えているのですが、少し譲って「謬論」…。
 他人様の死に目などには人生上それなりに経験するにしても、「自分が死んでしまったときには、自分の死を体験できない。だって、死んでしまっているので。」そうすると「死への不安とか恐怖とかは、生きている時にしか体験できない」。
 生きているということは死につつあること、死につつあることはまだ生きていること…。だから、人は自分自身の死だけは体験できない…。ということで―

 アンパンマン―
「今を生きる ことで 熱い こころ 燃える」という歌詞。
そんな風に考えながら読んでいてあらためて感動してしまいました。
ナチスの強制収容所で生き残った、ウィーンの精神科医のV.フランクル。実存的というよりも体験そのものから出てきたものの見方は、既存の宗教や哲学ましてはそれまでの心理学からは距離があるように感じています。

コロナ死者40万人のプ大統領さようなら:1/20水 道。感染+164↑入院7082021年01月21日 15:50

 新規感染者が急に増えた9/18から―17人,17人(4連休始め), 16人,15人、9人、12人、11人、25人、7人、19人、17人、16人、16人、19人、15人、18人、22人、36人!、12人、38人、29人、27人、24人、31人、12人、20人、20人、30人、31人、27人、24人、17人、31人、22人、40人51人60人41人50人、27人、51人53人69人81人69人96人71人75人119人115人187人153人200人166人197人236人235人230人209人189人197人233人266人304人 最多!234人245人206人216人180人256人252人252人192人151人206人176人205人210人183人187人123人204人197人241人177人189人125人125人104人 86人139人141人,132人,135人110人74人↓114人123人97人↓161人 85人 94人 87人133人176人↑[ 休刊日]人 77人 68人 94人 79人115人161人↑181人↑215人188人135人145人↑109人194人202人↑192人124人125人 92人↓164人↑(1/20)の新規感染者です。

 第64代バイデン大統領は就任演説の中で、「この一年ほどで第一次世界大戦と第二次世界大戦の合計死者に匹敵する40万人のウイルス感染死亡者を出した」と前政権を非難しました (カウントの仕方により第二次大戦は戦死約30数万人)。つまり、 アメリカ史上最多の死者、それも一般人…を出したのが退職した前プ大統領です(以下、「プ統領」)。
 口の周りに小さな布や不織布やウレタン生地などを着けるだけで、感染を大幅に減らせるという、実にどうでもいいようなことを、プ統領は政略に用いて死亡を招いたという大罪を犯しました。アメリカの病床で重症患者が苦しい息の中で尋ねたそうです―「コロナウイルスはただの風邪だから、自分が重症なのは別の病気です。何の病気か本当のことを言ってください!」と懇願するなかで死亡するという話をアメリカのメディアが何度も伝えていました。
 無知と欺瞞と隠蔽の中で、プ統領が「マスクを着けないことが、ワタシタチの陣営のタダシイ行動」として流布させて感染を拡大させました。「消毒剤を打てば治る」などのプ統領の暴言は側近も卒倒するような無知な発言でした。
「大衆は愚かである。何度も繰り返すとウソでも信じ込む」と冷静に指摘した中世イタリアのマキャベリの政治指南通りに、人々はたぶらかされたと言えます。これから、社会学、政治学、感染学、歴史学などの研究者がプ統領の歴史的悪行を学問的に明らかにしていくことでしょう。就任演説の中でバイデン大統領が「真実 truth」という言葉を使っていたのが印象的でした。対比的に、プ統領は「フェイクニュースだ…(でっち上げ)」という言葉で自身に対して不利な事柄を全否定していたことを思い出していました。
 国内ではGotoトラベルのごり押しで感染が拡大したことは事実だし、年末年始の感染爆発の発生もその余波であることは間違いありません (東京ではまだ自宅療養者9000人、放置陽性者7000人…)。今後、真面目な社会学者、歴史学者、政治学者、感染病学者などがそうした事実についてきっちりとエビデンスをまとめてくれることでしょうし、それによる政治家の責任も明確になるでしょう。(内閣官房では記録を残さない…という姿勢がアベノマスク時代から培われているようですけれども。)
 それにしても、一生の間に専門書を1冊も発行しないような (全く売れないため…)、日陰の学問領域で真面目に研究している学者・研究者はまだ沢山おります。「…私は魂を売りません」と、中堅の女性心理学者がポツリと言った言葉がいまだに心に響きます。事実、真実に沿うという姿勢…。
 無知と欺瞞と隠蔽、その中での悪しきこと・凄まじきことのただ中にありながら、私としては良きこと・素敵なことに出会いながら穏やかに生活したい…。とりあえず、簡単に欺されないようにはしたいものだと願っています。
 そうそう、高齢母の施設、関連病院での濃厚感染者の確認による面会停止は、「感染はなかったので、また面会できますー」と嬉しい連絡がありました。誠実に仕事をしている様子が感じられ本当に感謝、感謝です。

--------------------------------------------
1/13水 感染15106,退院13064,療養入院2042↓(入院725)
1/14木 感染15300,退院13201,療養入院2099↑(入院687) (感染図)
1/15金 感染15502,退院13344,療養入院2158↑(入院694)
1/16土 感染15694,退院13444,療養入院2250↑(入院700)
1/17日 感染15818,退院13560,療養入院2258↑(入院746)
1/18月 感染15943,退院13695,療養入院2248(入院754)
1/19火 感染16035,退院13866,療養入院2169(入院740↓)
1/20水 感染16199,退院14001,療養入院2189↑(入院708↓)

* 北海道感染状況―北海道新聞朝刊による前日データ。
これまでの死亡者551(+5)
人。
*「退院」は退院と療養解除、「療養入院」は療養者と入院者。「(入院)」の人数は前日の数値。




新海誠「天気の子」TV放映は対コロナ禍! :1/3日 道。感染+68。2021年01月04日 10:42

 新規感染者が急に増えた9/18から―17人,17人(4連休始め), 16人,15人、9人、12人、11人、25人、7人、19人、17人、16人、16人、19人、15人、18人、22人、36人!、12人、38人、29人、27人、24人、31人、12人、20人、20人、30人、31人、27人、24人、17人、31人、22人、40人51人60人41人50人、27人、51人53人69人81人69人96人71人75人119人115人187人153人200人166人197人236人235人230人209人189人197人233人266人304人 最多!234人245人206人216人180人256人252人252人192人151人206人176人205人210人183人187人123人204人197人241人177人189人125人125人104人 86人139人141人,132人,135人110人74人↓114人123人97人↓161人 85人 94人 87人133人176人↑[ 休刊日]人 77人 68人(1/3)の新規感染者です。

 昨日の夜、テレビで新海誠のアニメ作品「天気の子」を見ました! 2019年の作品なので随分早くテレビで放映するんだなーと思いつつ楽しみにしていました。実は、新海誠が初めて劇場公開した作品「ほしのこえ」(2002)は、たまたまその頃見る機会があり、背景の光の凄さと内容のせつなさにやられました。高校生の女の子が宇宙の遠くから携帯電話!で送信するテキストメッセージが男の子に届くのにはものすごい時間がかかり…(あとは内緒)。それ以来、隠れファンをしていましたが、何年か前、新海誠作品をBSだったかでまとめて放送した時期があり堪能しました。そして、今回の「天気の子」…。
 2年前の作品なのでコロナ禍とは全く無関係なのですが、結果的に「コロナ禍の中で生活して、生きていくこと」を支えてくれる作品になっていました。「…そういうことだから、コロナ禍2年目の正月にテレビ放映したんだね、きっと…」。新海監督、ありがとうー、登場人物の祖父のような年の私ですが、無関係に頑張ります (^_^v。

 北海道の新規感染者は68人と少ないです。しかし、200-300人という大規模クラスターが複数発生してきたので、昨日は入院中の人たちから12名の方が亡くなりました。全員、高齢の方…。
 東京は感染蔓延になってきて、隣の県知事と一緒に「緊急事態宣言を出してほしい」と総理に求めていますが、8時までの時短営業…といったあたりでお茶を濁しています。今から宣言しても、1)時短に切り替える店は多くないだろう、2)人出もそれほど減らないだろう、などマイナスの状況が見えていますが、総理は踏み切るでしょうか―。

 新海誠の「天気の子」は、言ってみれば「ニュー・ノーマル」「新しい普通・日常」を宣言するようなメッセージ性がありました。
 コロナ禍も結局の所は、ワクチンがある程度効果があってあまり重症化せず、集団免疫の状態に近づきやすくする道具といったところです。散歩する高齢者として言ってみれば、危険な道路があるので、そこには少し高い路側帯をつけてヨロヨロ歩く歩行者をそれなりに守ってくれる…といった程度なのかもしれません。


--------------------------------------------
12/26土 感染12876人,退院10851人,治療中2025名
12/27日 感染12961人,退院10906人,治療中2055名↑
12/28月 感染13055人,退院10988人,治療中2067名
12/29火 感染13142人,退院11106人,治療中2035名
12/30水 感染13275人,退院11168人,治療中2107名↑
12/31木 感染13442人,退院11309人,治療中2133名↑
1/1金(休刊日)
1/2土 感染13617人,退院11466人,2151名↑ (感染図)
1/3日 感染13685人,退院11521人,2164名↑
* 北海道感染状況―北海道新聞朝刊による前日データ。
これまでの死亡者472(+12)
人。
*「退院」は退院者と療養解除者。なお「入院患者」は前々日のデータ。


笑う門には福来たる 免疫(2) :1/2土 道。感染+77,治療中2151名↑2021年01月03日 12:52

 新規感染者が急に増えた9/18から―17人,17人(4連休始め), 16人,15人、9人、12人、11人、25人、7人、19人、17人、16人、16人、19人、15人、18人、22人、36人!、12人、38人、29人、27人、24人、31人、12人、20人、20人、30人、31人、27人、24人、17人、31人、22人、40人51人60人41人50人、27人、51人53人69人81人69人96人71人75人119人115人187人153人200人166人197人236人235人230人209人189人197人233人266人304人 最多!234人245人206人216人180人256人252人252人192人151人206人176人205人210人183人187人123人204人197人241人177人189人125人125人104人 86人139人141人,132人,135人110人74人↓114人123人97人↓161人 85人 94人 87人133人176人↑[ 休刊日]人 77人(1/2)の新規感染者です。

 アメリカの友人知人とオランダなどの友人から年賀メールが届きました。変異種がはやり始めている状況の中、それぞれ無事が分かり本当にありがたいことです。皆さん、罹患せずにぜひ無事に過ごして下さーい。
 「免疫を上げるのに何々」といった情報が山ほどありますが、日本の場合は歴史的に見ると「心身医学」が始まり、それに基づいて心療内科が始まった頃を忘れられません。
 池見酉次郎(ゆうじろう)先生が初代「心身医学会」の理事長となって(1960)活動開始したので、60年の歴史があります。笑いと免疫については20-30年前にはすでに研究があり、吉本の演芸場などに入る前に血液を採取し、大笑いして出てきた事後の血液とを比べると「免疫能が高まっていた」という結論はほぼ一貫しています。微妙な研究では、笑っていないけれど笑顔を造るだけでも良いというものもありました。ということで、年末年始に繰り広げられるお笑い番組などで、笑う門には確かに福がやってくるわけです。笑いヨガや笑い講などでは、「理由はともかく一生懸命に笑おうとする」ので、必死に笑おうとしている周りの人たちの滑稽さに思わず吹き出すという仕組みもありますね―。
 ちなみに、池見先生の講演は何度も聞きましたが、元々は「医学的には治るはずのないガン患者のガンが、縮退したり治ったりした」という珍しいケースを集めていて、国内の学会で発表するときっと袋だたきになるだろうから「海外の小さな学会で発表すると<数は少ないけれどそういう事例があります>という他の研究者と会えた…」といったお話しがありました。「身体の問題には心のあり方が関わっている」…。その後、サイコ・オンコロジー(psycho-oncology:精神腫瘍学)と呼ばれるアプローチへと展開しました。
 また、当時の九州大学には、催眠研究実践の大家・成瀬悟策もおりましたね。いずれも「思いの力が身体に届く」ことを扱っていますが、その後、「自分の整体の力量でガンを治す…」ことにチャレンジする方ともお会いする中で、残念ながらそんなに簡単なことではないのだ…という重い事実にも出会いました。

 正月の特番としては、私は毎年「とんねるず石橋貴明」の「リアル野球盤」を楽しんでいます。今年も楽しかったですねっ。プロ野球のスター選手をからかい、おちょくって、彼らの誇りを突き崩しながらリアル野球盤で勝負する番組は少々スリリングだったりもして、アグレッション・怒りから素直な意気軒昂さまで楽しめます。思うに、とんねるずにはあまり悪意の部分がないのが良いのでしょうね、きっと。杉谷、がんばれ!(日ハムファン)

--------------------------------------------
12/24木 感染12618人,退院10571人,治療中2047名↓
12/25金 感染12715人,退院10713人,治療中2002名↓↓ (感染図)
12/26土 感染12876人,退院10851人,治療中2025名
12/27日 感染12961人,退院10906人,治療中2055名↑
12/28月 感染13055人,退院10988人,治療中2067名
12/29火 感染13142人,退院11106人,治療中2035名
12/30水 感染13275人,退院11168人,治療中2107名↑
12/31木 感染13442人,退院11309人,治療中2133名↑
1/1金(休刊日)
1/2土 感染13617人,退院11466人,治療中2151名↑ (感染図)
* 北海道感染状況―北海道新聞朝刊による前日データ。
これまでの死亡者460(+4)
人。
*「治療中」は入院者と療養者。「退院数」は退院者と療養解除者。


北海道のコロナ禍を毎日書いてます…昨日はナウシカ、見ました。2020年12月26日 10:20

昨日はクリスマスの夜でした。
昼間に二回、10~15センチほどの雪かきをして、夜は久しぶりのアニメ「風の谷のナウシカ」を見ました。何とも懐かしかったですね、空を駆け抜ける健気(けなげ)なナウシカ…。
 当時は、腐海から出てくる瘴気(しょうき)にやられないように登場人物がみんな特製マスクをつけているのが目立ちました。今は不織布でできた安いマスクや、手作りの布マスク、(さすがにアベノマスクは見たことがない…)の人たちが街中を普通に歩いている風景となり、どちらも違和感がなくなっているのが奇妙な感じでした。
 合唱禁止のため、ある大学の合唱団員は、おそろいのマスクをつけ、大声を出して歌うことなく、歌詞のカードを順にめくって見せる…奇妙な風景でした。

 10年ほど前、オックスフォードにある、野良クジャクが闊歩している大きな公園でのこと。戸外の広大な空間でのダンスパフォーマンスでは、大声で絶叫するという、はた迷惑をことをしておりました。晴天の休日、ピクニックに来ていた家族連れ達が芝生から居なくなりましたが(当たり前…)、特に誰にもとがめられずに10名程で「パフォーマンス」。よほど怪しかったのでしょうね…申し訳ありませんでした。

 ナウシカの画面には、叫んだり怒号を上げるなど「絶叫」のシーンが出てきます。しかし今は「コロナ禍の中、息も絶え絶え」では、叫ぶところか息もしていないのは、かつては丹田呼吸など腹式呼吸で豊かに免疫を高められていた時代が思い出され、少なからず悲しひ…。

 「めんこい…」は可愛いの謂い。これをさらに可愛くして「めんちこい」と発音する女の子がいました。発音は「めんチュこい」に近いかな…。 Kの音はときどきCHの音に変化するので、そうやって可愛らしくする音で造られた言葉を「指小詞」といい、小さくて可愛らしいものを指します。
 ちなみに、「ナウシカ」の音に近いロシア語は「ナウカ(科学)」かな、これにK音→CH音への転化を勝手につけてしまうと、「ナウチカ」で「科学ちゃん」くらいの意味になるでしょうか。また、CHチ音→SHシュ音へとよく入れ替わるので、そうしてみると「ナウシカ」「ナウシュカ」かな…。風の谷のナウシカを見ながらの音韻的冥想でした。
 もっと雪が降り積もったら、例年のことですが、クロスカントリーのスキーをかついで雪に埋もれただだっ広い公園に行きます。誰もいないので、今年は是非、絶叫しておきたいと思います。雪原で絶叫している高齢者を見かけたら、「…し、仕方がないなあ…」と遠い目で見守ってやってください…。

※連日、コロナ禍状況のデータを入れつつ感想を書くので意識は保てますが、間違いなく疲れているようです…。さて、来年は変異種などにやられないように丹田呼吸などであらためて頑張ることにいたします。