「巣ごもり・縮み志向」カテゴリーを追加。「アベノマスク…」2020年04月03日 10:18

3月末で定年となり、ブログを書くヒマができてしまいましたー。
「縮み志向の日本文化」のうち江戸の回文を何回か書いているので、「巣ごもり・縮み志向」の新しいカテゴリーを追加しました。
立川談志の当時の本には、確か、「地口」(じぐち)という言い換えの例も出ていました。全体的に品がない感じの例ですが、「ウェーン少年脱腸団」―もちろん、ウィーン少年合唱団の言い換え、「貝と塩を煮詰めて」―当時のロマンス「愛と死を見つめて」の言い換え、という具合でした。思えば、コロナウィルスで亡くなった志村けん、そしてドリフターズが得意そうな領域ですね。あらためてご冥福を…。
 ちなみに、地口ではないでしょうけれども、ここ数日の最新ニュースとして「首相が各世帯に布マスクを2枚ずつ配布する!」という画期的な政策が紹介され、顔に合わない小さめの布マスクを頑張ってつけている写真が紹介されています。WHOは布マスクには全く否定的にも関わらず200億円以上を費やすという英断…。
メディア曰く「アベノマスク…」…。
まだ日本語話術の伝統は生きているようですね。
※アベノマスクは北海道新聞三面記事のタイトルで使用。

「縮み志向の日本文化」のブログに反応がありました!2020年03月21日 10:41

ありがたいことに知人から「縮み志向の日本文化」について書いた内容にメールでコメントがありました!
 本人は「当時リアルタイムで、ハードカバー本で読みました」ということで懐かしがっておりました。それでコメントをしようとしたら「書けないです…」ということでの連絡でした。
大変に申し訳ありませんが、コメントに対応する余裕がないなあ…ということで、当面は「コメントできない設定」になっていますー。

社会学・社会心理学のカテゴリーを追加しました2020年03月12日 23:42

書いていると、個人の心理的な問題よりもまずは社会問題としての新型コロナウイルス対策に内容が向かっていました。そのため、心理学よりも社会学の「予言の自己成就」「予言の自己破壊」とか「(制度や法律やシステムやPCR検査法などに潜む)逆機能」について書き始めていました。

その都度その都度の個別的なことではなく、ある程度の人数が関わる集合的な現象は社会学の領域だし、そのため、統計と確率が登場する場面にもなります。ということで、ますます「楽しく刺激的な心理学…」から離れていきますが、この時期、致し方ありませぬ。

「楽しくなく刺激的でもない心理学…」?!2020年03月08日 22:57

ブログというところでは、あまり具体的なことを書かないでいます。
「楽しく刺激的な心理学」…というカテゴリーがありますが、あまり楽しくもなく大して刺激的でもなく…ということに甘んじています。大変申し訳ありませんが今後も期待できなさそうです。m(^_^)m ←これは何?
 そのうちに始める予定の「心理学…」のお話し会では、TVなどの公の場では出てこない内容にふれるので、多少は楽しく刺激的になると思います。
 以前、「江戸古川柳」についての番組を見て面白いなあと思いました。それで少し調べてみたら見たら、「とんでもない!」。超絶エロチックで現在の「コージョリョーゾク(公序良俗)」を破壊するような内容が満載でぶっ飛びました。物事はある程度、深入りしてみないと分からない、と思った次第です。

ブログ、始めてしまいましたー2020年03月05日 18:07

WEBLOGというのはFacebookとかその他のSNSから見ると歴史的には古いシステムですが、いままでSNSには殆ど関わっていなかったので、使い方が良く分からず試行錯誤で始めているところです。

始めてみて最初に困ったのが、何をどんな風に書いたら良いかということです。それでも、4月からの活動内容に関わる事柄があるので、手探りで書き始めました。毎回、後から読み返すと「何だかなー」という所だらけですが、「削除」という強力な機能があるので少し安心しながらです。
コロナウィルス関係については、北海道の情報が手に入りにくい知人向けに書いたりしています。

ちなみに、このサイトは知り合いの若干名に知らせただけですが、asahi-netのブログ欄に「タイトルが載る」設定にしていたら、「全ブログ中のアクセス・ランキング」で「第何位」という数字が表示されます。ヒョエー!朝日ネットのブログを見ている人に見られているのですねえ。内容を査定されているようで気持ちは複雑ですが、これからもこのブログの「テーマ」に沿う内容を少しずつ書いていきたいと思います。