10/6火 北海道 感染+12,治療中281。感染の相談窓口が突然変わりますー2020年10月07日 09:54

9/29火 感染2069人,退院1826人,治療中243名!!!!
9/30水 感染2085人,退院1840人,治療中245名!
10/1木 感染2104人,退院1859人,治療中245名!
10/2金 感染2119人,退院1877人,治療中242名
10/3土 感染2137人,退院1894人,治療中243名 (拡大図) (全体図)
10/4日 感染2159人,退院1904人,治療中255!!名
10/5月 感染2195人,退院1915人,治療中280名!
10/6火 感染2207人,退院1926人,治療中281名!
* 北海道感染状況―翌日の新聞による。
これまでの死亡者107人 (北海道新聞朝刊から)
新規感染者が(急に増えた9/18から)17人,17人(4連休始め), 16人,15人、9人、12人、11人、25人、7人、19人、17人、16人、16人、19人、15人、18人、22人、36人!、そして12人となりました。4連休後から連日十数名の新規感染が続いていますー。
 二十数名とかの新規感染が続くと道内では病床が逼迫する危険が出てきています。また、秋冬のそうした感染拡大を見越して、これまで感染の相談窓口になっていた保健所が今月中に対応をやめて、地域の医療機関に丸投げ?!になります。病院側は準備が進まず、インフルとコロナのダブル感染期に向かって新たな混乱のタネとなりそうです。60歳以上の高齢者や基礎疾患がある人は自衛のためにも、インフルエンザワクチン接種が必要と思います。
なお、コロナワクチンは来年初め頃から、全国民対象で無料接種の予定だそうです。ワクチンの効果の持続性もまだ不明(抗体が減っていく…)。もちろん基本的な副作用については治験で確認していますが、はてさて…。

コメント

トラックバック