5/18月 退院608人,治療中395名。入院患者は400人を切りました2020年05月19日 09:59

5/10日 感染 947人、退院452人、治療中495名
5/11月 感染 957人、退院463人、治療中494名
5/12火 感染 970人、退院493人、治療中477名
5/13水 感染 974人、退院510人、治療中464名
5/14木 感染 980人、退院519人、治療中461名(図)
5/15金 感染 988人、退院549人、治療中439名
5/16土 感染 995人、退院578人、治療中417名
5/17日 感染 1002人、退院589人、治療中413名
5/18月 感染 1003人、退院608人、治療中395名
* これまでの死亡者は75人 (北海道新聞朝刊から)。

○PCR検査の再陽性者には感染力ないと、韓国で判明(400名対象)。すぐに社会復帰して良いという扱いに変わりました。
○軽症者については、発症後6日後からは他者への感染が起きないことが判明(台湾)。
 したがって、「発熱、四日後に打診を」というかつての方針よりも、発症前4,5日前から感染させてしまう無症状者を割り出す重要性が判明。
○唾液によるPCR検査の陽性判定力が確定し、5月末から実用化され1時間で判定される。現時点で200万人分/月のキット生産体制。なお、PCR検査用試薬の国内生産が始まり、問題ない状況。
○今年の秋冬に、インフルエンザ、コロナ、はしかの感染好発時期になるので、今から準備体制を作る…。
 自粛規制を頑張ってやってきた間にいろいろと進展があり、対策が広がっています。高齢者として実にありがたい。

コメント

トラックバック