北海道のコロナ禍を毎日書いてます…昨日はナウシカ、見ました。2020年12月26日 10:20

昨日はクリスマスの夜でした。
昼間に二回、10~15センチほどの雪かきをして、夜は久しぶりのアニメ「風の谷のナウシカ」を見ました。何とも懐かしかったですね、空を駆け抜ける健気(けなげ)なナウシカ…。
 当時は、腐海から出てくる瘴気(しょうき)にやられないように登場人物がみんな特製マスクをつけているのが目立ちました。今は不織布でできた安いマスクや、手作りの布マスク、(さすがにアベノマスクは見たことがない…)の人たちが街中を普通に歩いている風景となり、どちらも違和感がなくなっているのが奇妙な感じでした。
 合唱禁止のため、ある大学の合唱団員は、おそろいのマスクをつけ、大声を出して歌うことなく、歌詞のカードを順にめくって見せる…奇妙な風景でした。

 10年ほど前、オックスフォードにある、野良クジャクが闊歩している大きな公園でのこと。戸外の広大な空間でのダンスパフォーマンスでは、大声で絶叫するという、はた迷惑をことをしておりました。晴天の休日、ピクニックに来ていた家族連れ達が芝生から居なくなりましたが(当たり前…)、特に誰にもとがめられずに10名程で「パフォーマンス」。よほど怪しかったのでしょうね…申し訳ありませんでした。

 ナウシカの画面には、叫んだり怒号を上げるなど「絶叫」のシーンが出てきます。しかし今は「コロナ禍の中、息も絶え絶え」では、叫ぶところか息もしていないのは、かつては丹田呼吸など腹式呼吸で豊かに免疫を高められていた時代が思い出され、少なからず悲しひ…。

 「めんこい…」は可愛いの謂い。これをさらに可愛くして「めんちこい」と発音する女の子がいました。発音は「めんチュこい」に近いかな…。 Kの音はときどきCHの音に変化するので、そうやって可愛らしくする音で造られた言葉を「指小詞」といい、小さくて可愛らしいものを指します。
 ちなみに、「ナウシカ」の音に近いロシア語は「ナウカ(科学)」かな、これにK音→CH音への転化を勝手につけてしまうと、「ナウチカ」で「科学ちゃん」くらいの意味になるでしょうか。また、CHチ音→SHシュ音へとよく入れ替わるので、そうしてみると「ナウシカ」「ナウシュカ」かな…。風の谷のナウシカを見ながらの音韻的冥想でした。
 もっと雪が降り積もったら、例年のことですが、クロスカントリーのスキーをかついで雪に埋もれただだっ広い公園に行きます。誰もいないので、今年は是非、絶叫しておきたいと思います。雪原で絶叫している高齢者を見かけたら、「…し、仕方がないなあ…」と遠い目で見守ってやってください…。

※連日、コロナ禍状況のデータを入れつつ感想を書くので意識は保てますが、間違いなく疲れているようです…。さて、来年は変異種などにやられないように丹田呼吸などであらためて頑張ることにいたします。

コメント

トラックバック