10/18日 道。感染+24,治療中321!一ケ月前の2倍以上の感染者2020年10月19日 09:51

10/10土 感染2325人,退院2007人,治療中318名!(拡大図) (全体図)
10/11日 (休刊日,感染2356人、+31人)
10/12月 感染2368人,退院2051人,治療中317名
10/13火 感染2388人,退院2074人,治療中314名
10/14水 感染2408人,退院2107人,治療中301名
10/15木 感染2438人,退院2144人,治療中294名
10/16金 感染2469人,退院2162人,治療中307名
10/17土 感染2496人,退院2177人,治療中319名!(拡大図) (全体図)
10/18日 感染2520人,退院2199人,治療中321名!
* 北海道感染状況―翌日の新聞による。
これまでの死亡者108人 (北海道新聞朝刊から)
新規感染者が(急に増えた9/18から)17人,17人(4連休始め), 16人,15人、9人、12人、11人、25人、7人、19人、17人、16人、16人、19人、15人、18人、22人、36人!、12人、38人、29人、27人、24人、31人、12人、20人、20人、30人、31人、27人、そして24人の新規感染です。一ヶ月前くらいまでは、感染者は一桁から10名程度だったのですよー。

旅客機では感染の可能性は極めて低い…というデータが出ました。6-7分程度で空気フィルター付き完全換気により、機内に感染者が1人居て、数千回も咳をした量に相当する1億8000万個の粒子が漂ったとしても、感染に至るほどの量を吸い込むには54時間以上もかかるとのこと。もちろん、マスク着用が前提条件です。 日本からヨーロッパやアメリカまでではせいぜい12-13時間程度なので、確率的にはまず罹らない状況です。さらに、日本往来の国際線は、PCR検査陰性の旅客がほとんどなので、国際線に関しては安全なのでしょう。
ただ、数ヶ月前、国内線で感染者の1-2席ほど前にいた人が感染した事例があるので、近くにいて濃厚な吐息を浴びたということでしょうか…。それはいやだな…。

コメント

トラックバック