9/16水 北海道 感染+11,治療中168。新型コロナは空気感染ではない?!2020年09月17日 09:25

9/09水 感染1827人,退院1648人,治療中179名
9/10木 感染1838人,退院1657人,治療中181名
9/11金 感染1844人,退院1674人,治療中170名 !
9/12土 感染1851人,退院1683人,治療中168名 (図)
9/13日 (休刊日)
9/14月 感染1862人,退院1695人,治療中167名
9/15火 感染1870人,退院1702人,治療中168名
9/16水 感染1881人,退院1713人,治療中168名
* 北海道感染状況―翌日の新聞による。
これまでの死亡者106人 (北海道新聞朝刊から)
感染状態はやや低減傾向ですが、入院者の数はそれほど急に減らないですね。
新型コロナウイルスが「空気感染だ」とは誰も言わないのは、クウキカンセンの定義が関わっていることと、そんなことを言うと、世界中の人が全く外出しなくなる…という危険があるからでしょうか。
しかし、「三密回避」にしても、どう考えても接触感染の可能性は高い感じではない。手にウィルスがついてそれを口元に持ってきて感染…というストーリーをほとんど聞かないので、実質的に「空気感染的!」。
アメリカやヨーロッパなどでは「マスクをしない権利」を主張する人たちがたくさんいますが、「空気感染」の定義問題と関わっているように感じています。
世界のソーシャル・ディスタンス確保もそうですが、日本の「三密回避」対策が確かに功を奏しているので、「実質的にクウキで感染するからねー」!

7/6、欧米、オーストラリア、中国、日本などの研究者が、新型コロナウイルスの「airborne transmission(空気媒介伝播)」による感染に対応すべきと主張し、7/7に世界保健機関(WHO)が「換気の悪い環境での空気媒介伝染の可能性」について初めてふれたという状況です。やれやれ。

コメント

トラックバック