7/10金 感染6,退院1109,治療中163。東京は最多更新243人、ビックリ。2020年07月11日 19:21

7/03金 感染1258人,退院1063人,治療中195名
7/04土 感染1259人,退院1071人,治療中188名
7/05日 感染1260人,退院1076人,治療中184名 (図)
7/06月 感染1260人,退院1081人,治療中179名
7/07火 感染1261人,退院1089人,治療中172名
7/08水 感染1265人,退院1103人,治療中162名
7/09木 感染1266人,退院1109人,治療中157名
7/10金 感染1272人,退院1109人,治療中163名
* 北海道の感染状況。
これまでの死亡者101人 (北海道新聞朝刊から)
北海道は感染者が6人。東京は最多を更新して243人感染です。さらに、九州と長野・岐阜などが洪水と土砂崩れで被災している中、政府は「GO TO(トラベル)キャンペーン」という旅行補助を前倒しして始めました。「来ないで下さい…」と道府県民は思っている中、相変わらず、なんとも間の悪い政府の施策です。旅先となるはずの九州、長野・岐阜はホテル、旅館なども多くが浸水の被害の最中に、です。
 今回の大雨と洪水が令和2年7月豪雨として激甚災害に指定されました。熊本などでは被災者が片付けを始めていますが、ボランティアはコロナ禍のため、熊本県民に限る…と制限。ボランティアが少ないため一般のお宅では人手不足で片付けが進まない状況。避難所も三密を避けるため収容人数が半減などと、あちこちにコロナ禍の影響が出ています。なんとも大変でこれは「国難」というものではないでしょうか。