5/31土 退院793人,治療中281名。入院者は引き続き減少中2020年06月01日 11:26

5/24日 感染 1040人、退院720人、治療中320名
5/25月 感染 1043人、退院722人、治療中321名
5/26火 感染 1052人、退院741人、治療中311名
5/27水 感染 1057人、退院749人、治療中308名
5/28木 感染 1063人、退院755人、治療中308名 ( 図 )
5/29金 感染 1066人、退院768人、治療中298名
5/30土 感染 1070人、退院784人、治療中286名
5/31日 感染 1074人、退院793人、治療中281名
* これまでの死亡者86人 (北海道新聞朝刊から)


 欧米での感染爆発がそれなりに一段落した(多くは多数の死者が出て集団免疫的な状況に移行中?)…かどうかは不明ですが、経済活動開始へと切り替えが始まっています。東京は感染アラートのレベルに近いままですが、6/1から規制解除へと動いています。そのため、これまでよりも感染リスクが上がっているので、三密を避けること・手洗い、そして睡眠と栄養そして免疫を下げないことが何より大切です。薬を呑まない私としては、日々の暮らしで何とかしのいでいければと願っています。
 アメリカのコネチカット州では、下水(感染者の糞尿などが含まれている)を調べてコロナウィルスのRNA(遺伝子)の量を計測。それによると、感染者数と下水内のRNA量の間に明確な対応関係があり、感染者数増加などの変化の7日前くらいから「感染者増を予測できる…」。トイレと手洗いの汚水が入っているので、罹患して人体がウィルスを排出し始める状況がキャッチできた、ということです。東京都も同じように下水のサンプルを二週間前くらいから取り始めているので、分析結果を知りたいところです。政府や東京都の恣意的なアラート基準に沿うのかどうかが分かる…。

コメント

トラックバック