5/09土 退院437人,治療中501名。入院者はもう少しで500を切る…2020年05月10日 13:11

4/25土 感染 596人、退院212人、治療中384名
4/26日 感染 610人、退院220人、治療中390名
4/27月 感染 645人、退院221人、治療中424名
4/28火 感染 683人、退院233人、治療中450名
4/29水 感染 721人、退院238人、治療中483名
4/30木 感染 762人、退院248人、治療中514名(図)
5/01金 感染 785人、退院255人、治療中530名
5/02土 感染 818人、退院259人、治療中559名
5/03日 感染 843人、退院308人、治療中535名
5/04月 感染 874人、退院346人、治療中528名
5/05火 感染 885人、退院350人、治療中535名
5/06水 (休刊日)
5/07木 感染 921人、退院387人、治療中534名(図)
5/08金 感染 927人、退院417人、治療中510名
5/09土 感染 938人、退院437人、治療中501名
* これまでの死亡者は51人 (北海道新聞朝刊から)。


北海道の感染者は院内や施設内で感染がほとんど。経路不明も減りました。このままいくと、欧米経由のウィルス株による第二波は収まる…かな?!
5/13にウィルス抗原検査、からだにウィルスがあるかどうかを調べる検査が承認されます。検査時間15-20分程度。病院などでもすぐに検査ができるので、長時間かかるPCR検査のみの体制が一気に改善されますね!

逆テレワーク姿勢。2020年05月10日 15:43

テレワーク…ということで、画面をのぞき込んでキーを叩いて文字を入力する。長時間続いていると、ATOK君は「入力ミスが増えています。休みませんか…」といったメッセージをひっそりと画面に出してはまた消える。

これを無視して頑張っていて身体が固まったり、視力が落ちたり、良いことがないのに気がついたので、時折、逆テレワーク姿勢を取ります。

テレワークでは、頭を前に着きだして、眼球も近視眼的にやや前に飛び出し気味で、両腕はずーっと前に出しっぱなしです。座っているので腰も膝も前にあるわけで、言ってみればダンゴムシが身体を少し伸ばした位の丸まった形を続けているのです。

というわけで、逆テレワーク姿勢とは、ダンゴムシを無理矢理、背伸びさせ、両腕を体側から後ろ側に垂らしたような姿勢。
具体的には、頭はやや後方斜め45度方面に後倒して、顎を落として口は半開きにしておいて、上半身を後ろに少し捻り気味にして、両腕を横よりは少し後ろ側に垂れ下げる。腕が肩から後ろ側に垂れ下がるようにするのがポイント。適宜、「右後ろ側への腕の垂れ下がり」から「左後ろ側への腕の垂れ下がり」へと切り替える。

 「上体のぶら下がり」という、竹内レッスンないし野口体操、それの横から後ろ倒しにしたバージョンとなります。なお、首の前から横の筋も伸びますが、頸椎を痛めるので頭を真後ろには倒さないこと。
少しやってみると、縮んでいた筋が伸びて少し気持ちが良い。ふと鏡を見ると、口を半開きにして襲ってくるゾンビの「上体を横から後ろ側に倒した姿勢」に近くてやや気味が悪いけれども、筋が伸びて気持ちいいので、まっ、いいか…。